全国のクリエイター作品の展示と販売




企画展|人魚姫の涙|MAJO|絵皿 帆立月

MAJOさんの特徴である青の釉薬が美しい絵皿。
人魚シリーズは新作です。

サイズ:直径約8.9cm 高さ約1.5
素材:陶土、純金・銀彩 スペイン式楽焼技法

*われものですのでゆうパックでのみの発送です。
*電子レンジ、食洗器はご使用をご遠慮ください。



◆新しい陶器をおろす時に◆

新しく使う前に一度煮沸すると、土の焼き具合を絞めることになり汚れと臭いがしみにくくなります。
器を入れた鍋に器がかぶる位の水を入れ約30分煮沸し、そのまま自然に冷まします。
この時米の研ぎ汁で煮沸すれば土肌の目を埋めることになり汚れや水もれなども防げます。
ザラついた高台の糸底は食卓に傷をつけますので、砥石やサンドペーパーで 軽くこすり落とすか、
二個の食器の糸底を合わせてゴリゴリと円を描くようにすりあわせて滑らかにします。
貫入のある器は使う前に水につけて十分に水を吸わせてから料理を盛ることにより 臭い、汁気、
油気が染み込みにくくなります。

◆ 洗う時に◆

陶器は磁器に比べ弱いので漬け置き洗いは しない方がよいでしょう。
他の食器から出た汚れをつけておく間に吸収してしまい臭いの原因になります。
食器洗い機は高温の水流が非常に強いので繰り返し使ううちに無数のキズが付やすく避けてください。
吸水性の高い陶器や焼締めのものは、ふきんで水気を取った後もすぐには片づけないで
しばらく置いて芯まで乾燥させておくと、カビが付きにくいようです。

◆ 汚れた時に◆

金彩、銀彩など上絵付けのものは変色する恐れがあるので漂白は避けてください。
茶渋は塩、特に粗塩で磨くといいようです。



製作者
MAJO

1995〜2002 神奈川県立藤野芸術の家 陶芸講師
2002〜2004 la Rambla市国際文化交流陶芸インターン(スペイン)
2003 Casa Museo Alfonso Ariza 企画現代陶芸プロジェクト参加(スペイン)
2003 心象画展"IMPRESION DE DIARIO"(la Rambla市役所サロン/スペイン)
2004 la Rambla市主催 絵画コース講師(スペイン)
2004 第74回 la Rambla陶芸コンクール 絵付・装飾部門一位(市立陶芸美術館収蔵/スペイン)
2005.〜2006 国際茶碗展出品  HET LAATSTE HUIS, VZW.主催(ベルギー)
2007 第77回 la Rambla陶芸コンクール 自由造形部門ニ位(市立陶芸美術館収蔵/スペイン)
2016 個展「Mitologia japonesa」 Torre'on del Castillo美術館企画(スペイン)
2016 第86回 la Rambla陶芸EXPO 招待出展(スペイン)
日本国内では2005年〜現在、企画展、ワークショップ、デパート出展など多数。
型番 #1
在庫状況 在庫 1 
販売価格
5,000円(内税)
購入数

ハンドメイド雑貨なら

ハンドメイド雑貨のアトリエシードには、全国50名以上の作家が作るオリジナル雑貨がたくさん!リバティプリントの雑貨やベビーグッズオーダーメイド雑貨も多数取り揃えています。とっておきの宝物を見つけて下さい。